コララインとボタンの魔女

2017年9月7日 Category : , 0

ニール・ゲイマンによる不思議の国のアリス的、ちょっとダークな雰囲気を持つ児童文学作品。例によってヒューゴー賞、ローカス賞、イギリスSF協会賞などの名だたる賞を受賞しており、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督によりアニメ映像化され、その映画は、ゴールデングローブ賞アニメ映画賞にノミネートされた。キモカワで、コワカワな、不思議でかわいいファンタジーな一冊。

主人公の少女コララインが、両親と一緒に大きなお屋敷に引っ越してきたところから、物語ははじまる。お屋敷はいくつかに区切られており、屋根裏や半地下には、元女優やネズミに芸を仕込んでいる男など、ちょっと変わった同居人が住んでいる。ある日、お屋敷を探検していたコララインは、封印された小さなドアを見つけるのだが……というわけで、そのドアはまぎれもない異界への入口なのだ。ドアの向こうには鏡の国的な、現実そっくりだがちょっと奇妙な世界が待っている。そこは、心躍るサーカスや、終わることのないミュージカル、花が咲き誇る美しい庭、コララインの願いをなんでも叶えてくれる優しい両親がいた。ただ一つ決定的に妙なのは、ママもパパも皆、目がボタンだということ。それでも楽しいばかりの不思議の国だったが、ある日、本物の両親が消えてしまう。この素敵な世界は、すべて自分を誘い出すための、ワナだと気づいたコララインは……

少女による典型的な異界冒険譚は、同じニール・ゲイマンによる『墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活』と比べると、物語が寄り道することなく、余分なエピソードもなく、コンパクトにまとめられている。こちらのほうが児童書らしく、よりシンプルで、わかりやすく読みやすいが、やはり映像的に想起されるのは、どちらもティム・バートンの映像作品が持つビジュアルイメージである。

コララインにせよ、黒猫にせよ、どの登場人物にしても、そのセリフ、言葉ひとつひとつが、じっくりと味わい深く、腑に落ちるというか、腹に落ちるというか、ほほほぅと唸るというか、いずれにせよ、子供だけに楽しませるのはもったいない。ニール・ゲイマンらしさ満載の一冊となっている。ぜひぜひ、映画を見てイメージを固めてしまう前に……

コララインはため息をついた。「わかってないのね。ほしいものをなんでも手に入れたいなんて思ってないわ。そんなことを本気で願う人なんでいやしない。だって、ちょっとほしいなと思ったものがなんでも手に入るからって、なにが楽しいの?手に入れてみて、どうでもいいものだとわかったら、どうするのよ」

コララインとボタンの魔女


壊れやすいもの

2017年8月14日 Category : , 0

アメリカンコミック『サンドマン』の原作者にして、世界幻想文学大賞、ヒューゴー賞、ブラム・ストーカー賞、ニューベリー賞など、SFやファンタジーなどを題材とした作品に贈られる文学賞を総なめにしてきた、そんな多彩で多才な天才的な著者 二ール・ゲイマンによる中短編集。

31の作品が収められており、小説や詩、自作の後日譚や有名作品のパロディなど、その作品の幅は、怪奇、奇想天外、コミカル、ブラック、スリラー、ミステリー、スプラッターなどなど、かなり幅広い。

収められた作品のごく一部、気にいった作品の雑感。『翠色の習作』は、ホームズ・ミーツ・クトゥルフというキワモノにして、ホームズパロディとしても傑作。『十月の集まり』は、擬人化された十二の月が物語を語り合う会をひらいており、それぞれの物語断片と雰囲気が魅力的。『メモリー・レーンの燧石』は、著者が体験した本当にあったお話ということで、あっさりしているのがこの一連の作品集のなかで味わい深い。『苦いコーヒー』は、ロードムービー的ゾンビもので、ニューオリンズの街が白昼夢的世界に落ちていく。『他人』は、オチが予想できるというところで、よくできたショートショート。『ミス・フィンチ失踪事件の真相』は、悪夢的なサーカスもので、どこかコミカル。『指示』は、ファンタジーというか、おとぎ話的なお約束をまとめた詩だが、読んでいてなんとも面白い。『食う者、食わせる者』は、猫グロテスクな作品。『ゴリアテ』は、マトリックス世界を描いたもので、リロードされ繰り返される世界の描写が面白い。『パーティで女の子に話しかけるには』は、トワイライトゾーンか、軽い感じのキングの短編かといった雰囲気。『アラディン創造』は、シェヘラザードによる千夜一夜物語創造の舞台裏を描く。『サンバード』は、美食倶楽部の面々が幻の食材サンバードを求めて……繰り返される歴史的なラストも見事。

どれもこれも味わい深く、エログロからファンタジック、乙女チックで男らしい、形容しがたい作品集。二ール・ゲイマンの作品を一度でも読んだことのある人なら、間違いなく楽しむことができるだろうし、はじめての二ール・ゲイマンをここから始めるのも、ある意味でうらやましい。雑多でバラエティに富んだ作品集ながらも、どうまとめても、二ール・ゲイマンらしくなるのが、本作の凄いところだろう。

壊れやすいもの




老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体

2017年7月8日 Category : , 0

活字で読む、ウシジマくん的な一冊。

取材で得たネタを繋いでいたら、小説みたいになっちゃいました、という感じで読みやすいのだが、しっかりした分析やデータなどを期待すると、少々肩透かしなところもある。水は高きところから低きへ流れるのだが、階級社会においては、金は高いところに留まるばかり。その留まる金を狙うハンターのように描かれる詐欺グループの若者たち。ダークサイドのよくあるビルドゥングスロマンとも読める。

世代間に横たわるルサンチマンを明確にしたうえで、老人喰いの正体に迫るのは、わかりやすぎるきらいもあるが、薄らぼんやりこの詐欺をみてきた人に、指針を与えたことは評価できる。ある意味で、読者に対して、ルサンチマンを共有する作業、共感させているようにも感じる。悪はどう描いても、魅力的にならざるを得ないのだ。

いわゆるオレオレ詐欺の歴史、現在進行形の動きなどについても、わかるところが面白い。特にヤクザが介入するようになって、どう詐欺の形態が変化したのかというところは、とても興味深い。

肯定されることはけっして無いだろうが、共感されるおそれはたぶんにあるだろう、そんな一冊。

高齢者を狙う犯罪とは、圧倒的経済弱者である若者たちが、圧倒的経済強者である高齢者に向ける反逆の刃なのだ。


老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体



『幸せになる、ハワイのパンケーキ&朝ごはん』オアフ島で食べたい人気の100皿

2017年6月5日 Category : , 0

パンケーキを主として、ハワイで食べることができる朝ごはんを、80店・100皿まとめた一冊。

ハワイが好きならば、きらきらと輝くような100皿のパンケーキ&朝ごはんを眺めているだけで、幸せになるだろう。ホイップクリームをたっぷり盛ったパンケーキ、色とりどりのフルーツをちりばめたパンケーキ、シンプルだがこれは旨いにちがいないと確信できるパンケーキ、甘口が苦手の方にはベーコンや目玉焼きとあわせたパンケーキなどなど、どれもこれも、掲載された写真をみるだけで、ハートと胃をがっしと掴まれることだろう。

ハワイでゆっくり遊ぶならば、よい朝食ガイドになること間違いなし。巻末には、おみやげ用のパンケーキミックスで作るレシピ、焼き方のコツやトッピングのアレンジ、ソースの作り方もまとめられている。

ハワイに行くか、雰囲気を真似るか。

『幸せになる、ハワイのパンケーキ&朝ごはん』オアフ島で食べたい人気の100皿




国立科学博物館のひみつ

2017年5月7日 Category : , , 0

科博に遊びにいくことになったので、予習をかねて読んでみた。科博とは、もちろん上野にある国立科学博物館のこと。本書は、成毛眞氏と元副館長の折原守氏が、展示を見て歩きながら、国立科学博物館のひみつに迫る、ガイドブック的な一冊となっている。

取材の時期が、地球館リニューアル工事中ということで、日本館のみのナビとなっているのが、残念でならない。とはいえ、このボリュームと豊富なカラー写真、工夫された展示方法や見逃しそうな情報など、ひとつひとつの資料に対して、まんぜんと見ているだけでは気づかないであろう、掘り下げ方が素晴らしい。

地球館についての情報は掲載されていないのだが、国立科学博物館が所蔵する430万点の標本・資料の、実に99.7%を保管する筑波研究施設への潜入取材しているのがよい。(つまりは、上野で展示されているのは、所蔵資料全体の0.3%でしかないのだ!)筑波にある研究施設は、基本的に公開されていないので、そのバックヤードを覗くことができるのは大変貴重。0.3%を支えている、その物量と技量と熱量が、しっかりとまとめられている。

本書の後半では、過去の特別展・企画展のポスターや資料がまとめられている。いまさらながら、この展示は見たかった!と思ってしまうものばかり。あとの祭りとは、このこと。

著者の好奇心のおもむくままに、一緒に国立科学博物館で遊んでいるような気になってしまう素敵な一冊。一読すれば、科博に行きたくてウズウズすること間違いなし。

国立科学博物館のひみつ




量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.